TrashCancan
 Menu

TrashCancan
ネットワークドライブ/リムーバルディスク用ごみ箱

DDTool
タイトルバーにデュアルディスプレイ用メニューを追加

DDToolPro
DDToolにさらに機能を追加し、カスタマイズ性を向上

Y!MailChecker
Yahoo!Webメール用メールチェッカー

EX SearchBar
検索サイトを自由に追加できるIEツールバー

Kabu君
簡単な計算するコンパクトなソフト

BBS

about

top


TrashCancan(シェアウェア)

『ネットワークドライブ/リムーバルディスクのファイルをDeleteキーでごみ箱へ!』

エクスプローラの拡張機能として動作し、
ネットワークドライブやリムーバルディスクのファイルをDeleteキーで削除をする場合も、
ゴミ箱にファイルを移動するように処理をしてくれます。

特別な操作は必要ありません。

ごみ箱に削除ファイルが行くので、ファイルサーバのファイルも、USBメモリのファイルも安心して削除できます。

■ソフトウェア動作イメージ


※「C:\Program Files\TrashCancan」にインストールした場合の例です。


■試用中の制限
試用中は、ファイル削除を行う際、特定の条件の元で以下のメッセージが表示されます。
試用期間の制限はありません。



動作環境

OS
Windows XP


ダウンロード

TrashCancan ver1.2 ダウンロードページへ

注)
現在のバージョンでは、
エクスプローラの設定で、拡張子を表示する設定になっていない場合、正常に動作しません。
[拡張子を表示する設定]
エクスプローラの[ツール]-[フォルダオプション]-[表示]タブで、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをオフに設定する。






送金について

本ソフトウェアは、シェアウェアとなっています。

試用期間はありませんが、継続して利用する場合は送金をお願いします。
1ライセンスにつき、1人の使用者のみが使用できます。PCの台数制限はありません。
なお、送金は試用中の制限を解除するだけであり、サポート等はありませんのでご了承ください。

■試用期間解除方法
以下の何れかにて試用解除ができます。
@Vectorシェアレジ(2,310円)
A銀行振込[三菱東京UFJ]または郵便振替(1,800円)
 銀行振込・郵便振替を希望の場合はメールフォームにてご連絡ください。返答に1週間程度かかる場合もありますがご了承ください。
Bホームページにて本ソフトを紹介する。
 紹介後にメールフォームからご連絡ください。
インストール&アンインストール

インストール
 @圧縮ファイルを解凍後、フォルダごと「C:\Program Files」にコピーします。
  【コピー後の状態】
   C:\Program Files\TrashCancan┬readme.txt
                       ├TrashCancan.dll
                       ├TrashCancan.INI
                       ├1_レジストリ登録.bat
                       └2_レジストリ解除.bat
 A「1_レジストリ登録.bat」をダブルクリックして実行します。レジストリに登録されます。
 B以上でインストール完了です。(次に起動するエクスプローラから拡張機能として動作します。)

アンインストール
 @「2_レジストリ解除.bat」をダブルクリックして実行します。レジストリの登録情報が解除されます。
 Aパソコンを再起動後(またはログオフ後)、フォルダごと削除します。
 B以上でアンインストール完了です。

アップデート(古いバージョンから新しいバージョンに置き換える場合)
 @「2_レジストリ解除.bat」をダブルクリックして実行します。レジストリの登録情報が解除されます。
 Aエクスプローラを一旦全部閉じます。
 BTrashCancan.dllとreadme.txtを新しいファイルで置き換えます。(「ファイルが使用中です」というエラーが出て置き換えできない場合はPC再起動後にファイルを置き換えます。)
 C「1_レジストリ登録.bat」をダブルクリックして実行します。レジストリに再度登録されます。
 D以上でアップデート完了です。

使用方法

■使用方法
 特にありません。
 エクスプローラを通常通りに操作するだけです。
 まずは、ソフトウェア動作イメージ通りに動作するか試してみてください。

■FAQ
 ○アンインストールしたいが、「アクセスできません」と出てファイルが削除できない。
  ⇒アンインストール手順に従い削除をしてください。レジストリ解除後、PCの再起動が必要です。
 ○ネットワークドライブで削除を行う場合、ファイルサイズが大きくごみ箱を使用したくないケースがあるがどうすればいいのか。
  ⇒右クリックメニュの「削除」または「Shift」+「delete」で、Windows標準の削除が使用できますので、そちらを使用してください。

注意事項

・当プログラムの使用により何らかの事故・障害が発生した場合でも、当方では一切の責任を負いかねますので御了承下さい。各自の責任においてご使用ください。
・当プログラムは、Windowsの重要システムであるエクスプローラに付属させるプログラムです。当プログラムが原因でエクスプローラが強制終了する等の問題が発生する可能性があります。各自の責任にてご使用ください。
・当プログラムが原因で、重要なファイルが復元できなくなる等の問題が発生しても、当方では一切の責任を負いかねますので御了承下さい。


履歴

2009.04.11 TrashCancan ver1.2 共有直下のファイルがゴミ箱に移動できない問題に対応、ショートカットファイルの削除に対応

2008.12.18 TrashCancan ver1.1 不具合修正(Shift押下後にDeleteを押下すると、Shift+Deleteが動作する不具合)

2008.12.06 TrashCancan ver1.0 新規公開

コメント
ファイルサーバに格納されたファイルを削除するとごみ箱に行かず完全削除されちゃいますよね。誤って削除をすると、『あ゛ぁぁぁ』ってことにもなりかねないんです。ゴミ箱があって安心してファイル削除できないかなぁ〜てことで、本ソフトウェアを作ってみました。
USBメモリのファイルでも同じくごみ箱が使えて便利ですので、是非使用してみてください。



CopyRight © 2004-2006, All rights reserved.  
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO